広島市安佐北区のグループホーム ガーデンの家 落合南

サカグループ ガーデンの家

Q&A

皆さまから寄せられるご質問の中から代表的なものをご紹介しています。

グループホームってどんなところ?

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)は、認知症の高齢者が共同生活をする住まいです。
要支援2、または要介護1~5までの介護認定を受けている方が利用できます。
少人数制(9名)の共同の住まいとして、個室で構成されている小規模の事業所です。
車イスの方にも対応しています。

ガーデンの家に入所するにはどうすればいいですか?

まず、当事業所へ直接入所の申込みをします。申込みをする際は、介護保険証と本人が認知症であることを証明する、次のものが必要です。
1)主治医の意見書
2)診療情報提供書
3)健康診断書
のいずれか一種類でなおかつ認知症という診断名が記入されているものに限ります。
共同生活の場ですので、自傷行為や他人に危害を及ぼす恐れのある場合等は入所できないことがあります。

入居するとどのようなことをするのですか?

介護スタッフによる食事、入浴、排泄、掃除などの日常生活の支援などを受けられます。できることはできるだけ自分で行い、できないところを介護スタッフがお手伝いさせていただきます。
また、共用スペースなどでの他の利用者様との談笑や簡単なレクリエーション、手先を使う作業(家庭菜園・物作り)、日々のお手伝いをスタッフとともに行います。

グループホームケアのメリットは?

家庭的な雰囲気の中で人としての尊厳を保ちながら集団内での役割を持つことで、認知症の進行を和らげ、周辺症状の改善が期待できます。

医療について教えて下さい。

主治医への通院を継続していただいています。また、緊急時ではご家族様と相談し、こちらから通院することがあります。

グループホーム入所中に重度化した場合は?

例えば、認知症の方で他の入居者様に危害を及ぼす恐れがあると判断する場合など、その他医療が必要と判断される場合は病院への受診をお願いすることがあります。

夫婦での利用は可能ですか?

当ホームの入居基準を満たしていれば可能です。ただし、居室は全室個室になっていますので、2部屋利用していただくことになります。

入院した場合はどうなりますか?

入院時に退院の見通しがある場合、お部屋の確保をいたします。この場合、入院中に部屋代、管理費は必要となります。

ブログもぜひご覧ください!